ホーム > 福祉サービス > 高齢者の支援 > 在宅介護支援センター事業

在宅介護支援センター事業

概ね65歳以上の要援護高齢者やその家族に対し、在宅介護等に関する総合的な相談に応じ、保健・福祉サービスが総合的に受けられるように関係機関との連絡調整を行い、要援護高齢者と家族等の福祉の向上を図ります。

 

  1. 要援護高齢者等の実態把握
  2. 各種保健福祉サービス及び介護保険サービスの広報
  3. 要援護高齢者等の在宅介護等に関する相談及び広報
  4. 保健福祉サービスの利用申請手続きの受付
  5. 地域の住民から相談を受け、市包括支援センターへのつなぎ支援
  6. 担当地域ケア会議の開催
  7. 高齢者ふれあいサロンを卒業したサロンの支援

 

 

高齢者の支援

前のページへ戻る

TOPへ