ホーム > 地域福祉活動 > 地域福祉活動推進事業

地域福祉活動推進事業

地区社協及び福祉委員の地域福祉活動を支援し、小地域における地域福祉の推進体制の充実と自主活動の促進を図るとともに大野市全体の地域福祉力を高めます。

 

地区社協活動支援

地域住民の福祉課題が複雑・多様化する中で、地区社協は地域福祉を推進する団体であるとともに、住民自身による活動の主体的な取り組みの場としての役割を担っています。それぞれの地域実情・福祉課題に応じた住民主体の地域福祉活動がより一層推進されることを目的として支援する。

 

  1. 地区社協会長・副会長会議の開催(年2回)
  2. 地区社協活動事業費補助
  3. 市社協と各地区社協の連携・支援

 

 

福祉委員活動支援

地域における福祉課題への解決に向けた取り組みや地域交流を深めることを目的に設置された福祉委員活動を支援し、地域実情に応じたきめ細かな小地域福祉活動がそれぞれの地域で実践されることを目的として支援する。

 

  1. 地区福祉委員会会長・副会長会議の開催(年2回)
  2. 地区福祉委員会活動事業費補助
  3. 福祉委員を対象とした研修会の開催(年1回)

 

地域福祉活動

前のページへ戻る

TOPへ