ホーム > 福祉サービス > 介護保険サービス > 居宅介護支援事業

居宅介護支援事業

居宅要介護者等が居宅サービス等を適切に利用をすることができるようその依頼に基づき、居宅サービス計画書の作成、介護相談、事業者との連絡調整等の適切な居宅介護支援を提供します。

 

 

 

ケアマネジメントの実施

ケアマネジャーが利用者の依頼に基づいて家庭を訪問し、心身の状態や生活の状況全般を把握し、生活上のニーズを明らかにする。明らかになった生活ニーズを解決するため本人の同意を得て居宅介護サービス計画(ケアプラン)を作成し、サービスの調整を行う。またサービスの実施状況を定期的にモニタリングし、ニーズとの適合性を把握。

 

その後、必要に応じてサービス計画の変更や、サービスの再調整を行い、地域での継続的な生活を支援する。

 

 

介護予防ケアマネジメント業務の受託

必要に応じて、市地域包括支援センターより介護予防ケアマネジメント業務の受託を受け、要支援者のアセスメントから介護予防のケアプラン策定までを行う。

 

 

介護保険サービス

前のページへ戻る

TOPへ