ホーム > お知らせ

阪谷小学校で【子どもを中心に地域で取り組む福祉教育推進事業】がスタート

ボランティア  更新日:2021年10月19日(火) 09:41:28

 

大野市社会福祉協議会は福井県社会福祉協議会からの補助金を活用し、子どもを中心に地域で取り組む福祉教育推進事業を実施しています。

この事業は、子どもが中心となり地域の実情に応じた身近なテーマの下で、学校を含めた様々な関係機関・地域住民等のネットワークにより、プログラムを企画・実施し、福祉教育を通し、地域福祉の推進を図ることを目的としています。

9月9日には阪谷小学校において大雪災害についての授業が行われ、大野市社会福祉協議会職員や、地元の民生委員児童委員が授業を行いました。

今後も、数回授業を行い、学んだことから子どもたちができることを考える力を養っていきます。

 

阪谷小学校のブログ(リンク)

前のページへ戻る

関連する記事

2020年6月4日(木) ボランティア 本所

大野市内小中学生が、配食用カバー絵を作成

以前お知らせしたように、大野市社会福祉協議会は、6月からひとり暮らし高齢者等配食サービス事業を再開しました。再開にあたり、大野市小中学校長会による呼びかけで、市内全小中学校児童・生徒の取り組みとして、配食弁当用カバー絵の...

2020年1月8日(水) ボランティア 本所

令和元年度 「福井県ボランティア作文コンクール」入賞者の発表

福井県社会福祉協議会では、平成22年度からボランティア活動に県民誰もが参加いただけるよう、市町社会福祉協議会をはじめ各種関係機関と協力して「『つながれボランティアの輪』推進運動」を展開し、さまざな事業を実施しています。今...

2018年12月10日(月) ボランティア 本所

音訳ボランティア活動が認められ厚生労働大臣表彰受賞

大野市ボランティア活動ネットワークの音訳ボランティア「麻那の会」(鳥山陽子代表)が、日頃のボランティア活動の実績が認められ、厚生労働大臣表彰を受賞されました。音訳ボランティア「麻那の会」は、大野市社会福祉協議会が1989...

2018年11月2日(金) ボランティア 本所

福井県ボランティア作文コンクールに石本君・奥村氏が入賞

福井県社会福祉協議会は、作文を通じて、県民の皆様のボランティア活動への関心や参加意欲を一層高めてもらうとともに、世代を超えた福祉教育の推進を図ることを目的に福井県ボランティア作文コンクールを行っています。今年度は「ボラン...

最新のお知らせ